カンタンに出来る、リフトアップ♡

カンタンに出来る、リフトアップ♡

*Zara
 

「最近、顔がむくんでいるのか、太っちゃったのか、顔がパンパンなんです」

「写真を撮ったら、丸顔が強調されてた・・・(泣)」

 

「顔、髪、カラダ、どこもケアしたいし、いつまでもキレイでいたいのに、なかなか手が回らなくてーー」。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

 

毎日、仕事から帰ってきて、美容に取れる時間ってどのくらいありますか?

いろいろしていると、後回しにしちゃって、

・お肌ボロボロ

・髪のツヤがない

・髪がバサバサ

・ウエストのサイズが上がった??

気づいたら、あちこち良くないじゃんモヤ でも、疲れて、なかなかそんな気にならないし。

と、ある女子たちの声を書いてみました。

私たちも、そんなときあります。

お客様に、私たちスタッフのようにケアばっかり、気が回せないよ、

と言われたこともあります。

それは、勝手なイメージで(笑)、ケアの仕方は勉強していますし、イイと思った情報がお客様にお伝えしたいけれど、実行するかは、自分次第(笑)

この間なんて、

21時に、ちょっと横になっていたら、朝になっていたーー!!え゛ーー!!ということだってあります(笑)(10分寝たつもりが・・・爆)

そんなときもあります(笑)

 

今回の本題の・・・

「最近、顔がむくんでいるのか、太っちゃったのか、顔がパンパンなんです」

「写真を撮ったら、丸顔が強調されてた・・・(泣)」

カンタンにできるリフトアップ法、

つまり・・・【お顔をスッキリさせる方法】

お顔を一生懸命マッサージしても、その老廃物は、どこかに移動しています。

はやく排泄まで促さないと、結局、カラダのどこかに移動させただけになっちゃいます。

そこで、

顔付近の部位を緩めると、お顔が早くスッキリします。

・カラダを冷やさない

(普段から、湯船に浸かったり、首を冷やさないようにする)

最近、冷房の風が首にあたっている方が多く、首を触ると、冷たい方がおられます。→血流が悪くなり、むくみやすくなります

・後頭部をゆっくり洗う、もしくは、湯船につかって、後頭部を何もつけずにマッサージする

 後頭部は、首との付け根であり、ここに老廃物がたまりやすくなります。

頭皮を緩めるように、いつもより長めにする

・肩甲骨を意識して、肩を回す

顔がむくみやすい方は、肩や首がパンパンになっています。

・お腹を温める

血液の材料を吸収するところは、で、便秘や下痢気味な方は、 良質な血液が作りにくくなります。

お肌の材料も腸で吸収されるから、「腸」が活動しやすい環境を作ることは大切です。

 

後頭部のマッサージや、肩を回したりすることは、5分あればできます。

冷えが強ければ、カイロを貼る習慣を作ると楽。

意外とカンタン、

むくみにくい、お顔スッキリ法はーと試してみてください♡

後頭部の洗い方は、私の得意分野なのでご来店時にでも聞いてくださいね(^^)

 

浴衣を着るときは、ここを気をつけよう♡

浴衣を着るときは、ここを気をつけよう♡

 

明日から6月ですね。

広島の6月は、「とうかさん」はーと

今年は、2日(金)~4日(日)に開催されます。

 

「とうかさん」は、広島市内のお祭りの中ではとても大きなお祭りで、

浴衣を着て、中央通りにある圓隆寺の総鎮守である「稲荷大明神」にお参りしたり、付近の中央通りはとても賑やかです。

広島は、この「とうかさん」があるので、1ヶ月早く浴衣解禁になります。(通常は7月から)

 

サロンでは、浴衣の着付けとヘアセットを承っております。

せっかく、浴衣でお出かけできる機会なので、可愛くステキな浴衣美人のポイントをまとめてみましたはーと

 

浴衣は、肌着→浴衣→帯、という順番で、着物のように長襦袢を着ません。

そのため、肌着を着ないと、日中は中が透けます。

肌着は、ワンピースタイプがカンタンに着れて楽です。

丈は、なるべく膝下まである方が歩きやすいです。

(また、肌着があることで、裾捌きがしやすくなり、歩きやすくなります。)

 

浴衣や着物は、寸胴体型の方が体のラインがキレイに見えます。

そのため、

・バストアップするような下着はつけない

・ウエストラインが細い方は、タオルを巻いて、

くびれをなくすように補正する

と、よりキレイに見えます。

 

<持っておくと安心な小物>

1扇子・・・人ごみの中は結構暑いです(笑)

2ハンドタオル2枚・・・1枚は汗取りに、 もう1枚は帯がゆるんだ時に帯のすきまに差し込めます

3大判のハンカチorてぬぐい

・・・お祭りのときは、休憩するところがなかなかありません。ちょっと隅で座りたいな、というときにお尻にひくと浴衣が汚れません。

4絆創膏・・・下駄に慣れていないと、鼻緒が途中からすれて痛くなります。その時に大活躍!

後は、無理をしないこと。

 

現代は、着物をほとんど着る機会がありません。

着物は洋服と違い、全体的に布(着物)でカラダを包み込みます。

この状態に慣れていないと、だんだん窮屈に感じてくることもあります。

ちゃんと着付けをすると、食事をしても、全く苦しくなりません。

苦しくなったり、気分が悪くなったときは、無理をせず、休憩をはさむことも極意です♡

さらりと、スッキリ、ステキに浴衣を着てみましょ♡


浴衣の着付け&ヘアセット(要予約)
5,000円(税別)